投稿日:

天井における軽天工事の手順について

こんにちは!大阪府八尾市を拠点として、近畿一円で内装工事および軽天工事に従事しております株式会社忠起建匠です。
弊社では軽天工事を承っておりますが、この工事には適切な進め方があります。
この進め方を誤れば、工事自体もスムーズに進められなくなるでしょう。
軽天工事をお考えであれば、工事の進め方を把握しておくことも大切です。
そこで今回は、軽天工事の手順についてご紹介したいと思います。

アンカーの打ち込み


軽天工事では、まず天井のコンクリート躯体に一定間隔で穴を掘り、筒状になったアンカーの打ち込みを行います。
アンカーの内側に雌ネジが切られていて、この部分が基礎となり、天井が支えられているわけです。
打ち込まれたアンカーは、コンクリート躯体にきちんと食い込んで固定されます。
もちろん内装材などの軽天を支えられるだけの十分な強度で設計されています。
しかし打ち込みが十分でなければ脱落してしまうことも考えられるため、施工を確実に行わなければいけません。

つりボルトの取り付け

アンカーの雌ネジに、つりボルトというボルト棒の取り付けを行います。
3/8インチもしくは3分ボルトと呼ばれる9.5ミリ径ほどのボルトが用いられるのが通常ですが、もっと重量のある天井をつくる場合は、より太さのある4/8インチや12.7ミリ径ほどの4分ボルトが使用されることもあるでしょう。
基本は3分ボルトが使われ、もっと大きなものを支えるケースでは、より太い4分ボルトの取り付けをしていくのです。
またつりボルトの先には、鋼材を支えることを目的としたハンガーが取り付けられます。
この鋼材は、天井材の基礎となるものです。
ハンガーをつりボルトに沿って上下させ、天井の高さが最終的に決定されます。
そして次に、鋼材をつるという作業を行います。

忠起建匠へご相談ください!


株式会社忠起建匠で請け負っている軽天工事には、きちんとした手順があるとお分かりいただけましたでしょうか。
弊社では、この手順に沿って忠実に作業を進めていきます。
軽天工事をご検討中であれば、ぜひ株式会社忠起建匠にご相談ください。
皆さまからのたくさんのご依頼をお待ちしております。

忠起建匠では協力会社さまを募集中!

株式会社忠起建匠では、協力会社さまを募集中です。
弊社で請け負った事業にご協力いただける方は、ぜひご相談いただければ幸いです。
内装工事や軽天工事などといった事業を、ともに盛り上げていきませんか。
意欲的な協力会社さまからのご相談をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

八尾市など大阪の軽天工事は株式会社忠起建匠へ!
現在、軽天などに関わる新規スタッフを求人中!
〒581-0853  大阪府八尾市楽音寺1丁目69番地
電話:072-943-8035 FAX:072-943-8036

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

施工事例を更新しました!

施工事例を更新しました!

こんにちは!大阪府八尾市に拠点を置き、軽天工事・ボード工事をメインに手がける株式会社忠起建匠です! …

軽天工事・内装工事の依頼に伴うお悩みも弊社が解消!

軽天工事・内装工事の依頼に伴うお悩みも弊…

はじめまして!株式会社忠起建匠です。 弊社では大阪府八尾市を中心に軽天工事や内装工事、内・外装リフォ …

軽天・ボード工事、テナント工事などの協力会社をお探しですか?

軽天・ボード工事、テナント工事などの協力…

はじめまして! 株式会社忠起建匠です。 弊社では、大阪府八尾市を拠点に、軽天工事・ボード工事・各種テ …

お問い合わせ 各種募集